こちらをご覧になられた
あなただけに
今だけのご案内です。

PDFレポートプレゼント
コロナ禍でも頑張れる!
混沌とした時代と世界に備える
ブレないメンタルの創り方TOP5

これからに備えるために

緊急事態宣言が解除されたにも関わらず、新型コロナウイルスによる影響は加速して、第4波も懸念されています。
気が滅入るような話題ばかりですが、そんな時こそ、自分自身の能力を伸ばす絶好のタイミングだと思います。
なにが起こるかわからない、これからに備えるためです。

なにかを学び始めるなら

もし、このタイミングでなにかを学び始めるなら、これからの時代に役に立つかどうか分からない資格を取るのは、疑問が残ります。
それよりも、もっと根本的なあなたの奥深くに眠っているものを呼び覚ますような学びが良いと思います。
例えば、このレポートに書かれているようなこともオススメです。

このレポートで得られること

このレポートでは、僕の体験・経験も織り込みながら、あなたのメンタルを強くする・高めるための方法が得られます。
もちろん、初めての方にも分かりやすいように簡潔に書かれていますので、どうぞご安心ください。

今だけの期間限定

このレポートは、今だけの期間限定プレゼントです。
今すぐ、下記のプレゼント登録フォームから、このレポートを手に入れてくださいね。
あなたのお役に立てますと、幸いです。

坪田知也

PDFレポート
『ブレないメンタルの創り方』
プレゼント登録フォーム

下記の登録フォームにメールアドレスを入力して、【今すぐ登録する】ボタンをタップかクリックしてください。
(メールアドレスは必須です。)

【ご注意ください。】
メールが迷惑メールフォルダやメインの受信トレイ以外のフォルダに入ってしまう場合がございます。
迷惑メールフォルダやメインの受信トレイ以外のフォルダに入ってしまうと、大切な情報をお届けすることができません。
メインの受信トレイに届いていなければ、迷惑メールフォルダやメインの受信トレイ以外のフォルダもチェックされてください。
万が一、メルマガが届いていない場合には、他のメールアドレスをご登録ください。

プライバシー保護のため、SSL暗号化通信に対応したフォームです。
入力されたデータは暗号化が施されて安全に送信されます。


こちらの記事は、僕がパーソナルトレーナーをしていた頃に書いたものです。

メンタルコーチ/マーケターをしている今でも、
僕があなたにお伝えする情報として
微力ながらお役に立てる可能性があるものだけを選んで残しました。

稚拙な文章が散見されますこと、ご容赦ください。

From 延べ10000人の後ろ姿美人をアレンジした美ボディメイクマエストロ 坪田知也

フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港より
 

img_2576

いつもお読み頂きありがとうございます。

東京 池袋・目白・新宿エリア唯一の美脚美尻エクササイズ&
エリア実績No.1の加圧トレーニングを指導させて頂いている
ボディメイクスタジオXEFY(ゼフィー)代表の坪田です。

アリゾナに来た目的。
それは、
セドナに行くこと


ではなく、


フェニックスに住んでいる
トレーナー養成の専門学校の同期に会うためでした。

彼は現在、
MLBロスアンゼルス・ドジャース傘下の
マイナーリーグでATとして働いてます。

会うのは専門学校を卒業して以来で、
10年ぶりだからドキドキするなー
(彼の年齢は自分の5コ下)
と、セドナからフェニックスを経由して、
テンピへ向かいました。

そういえば、
たまたまSPG会員で
空港から近いという理由で
テンピのホテルを予約したけど、
テンピって
どこかで聞いたことがあるような…。

過去を振り返ってみると、
10年前に編入を希望していた唯一の大学
ASU(アリゾナ州立大学)の本拠地が
テンピでした。

当時、ASU内だけに
Athlete’s Performance(現EXOS)という
アスリート専門のトレーニング施設があり、
専門学校の先輩のが
Athlete’s Performanceで働いていらっしゃったので、
ASUに編入して、Athlete’s Performanceでインターンできたら…
と、考えていました。

約3年間英語を勉強しつつ、
お金を貯めていましたが
結局は、
1000万円以上という
とてつもない費用がかかるのが分かり、
ASUへの編入は断念した経緯があります。

もし、
編入していたら、
このテンピに住んでいたんだと思うと
今回テンピに来れたことは
嬉しいような、寂しいような。

なんか感慨深いものがありました。

そんなテンピのホテルで
ピックアップしてもらいましたが、
彼のイメージが18歳のままだったので、
完全にアメリカに溶け込んでいる姿を見て、
お父さんの気持ちが分かりました。(笑)

一昨日、ユタから車で11時間かけて
フェニックスに帰ってきて、
今日から秋季キャンプなのに、
わざわざ来てくれて本当にありがたかったです。

彼にASUの話をすると、
自分がASUに編入希望だったのを覚えてくれていたようで、
ASUのフットボールスタジアムであるサン デビル スタジアムや
バスケのアリーナに連れて行ってくれました。

img_2544
このサン デビル スタジアムでスタッフとして
働きたかったんだんですよね。

その後は、
テンピの地ビールを出すブリュワリーへ。

img_2547
ドジャースの裏話もおもしろかったです。

10年ぶりの再会だから、
写真がぎごちないんですが。(笑)

img_2564
最後にホテルで握手して別れる時、
なぜか涙腺がゆるみました。

自分が断念して諦めた道で頑張る彼を
これからも応援します!

今度は、同じアメリカで頑張っている
別の同期にも会いに行きたいと思います!

今回、同期に会って思ったことは、
目標に向かって頑張っている人が近くにいると、
自分も頑張れるということです。

今、自分がいる環境や
どういう人たちと繋がっているかということが
大事だということですね。

その環境を誰かに頼るのではなく、
ご自身の意志で手に入れることが
人としての成長にも繋がると思います。

 

その環境を手に入れたいという女性のあなたは、
ぜひお問い合わせくださいね。

頑張るあなたを応援しています!